こんばんは。今日の現場は高松でした。

一人暮らしの大学生の方から、ごみの片付けのご依頼でした。

ご本人は「ひどいごみ部屋なんです」と、お見積りの際にも言われて

いましたが、お部屋の中は確かにお弁当の空容器やペットボトルなど

が散乱していましたが決して「ひどい状態」ではないと思いました。

仕事柄、我々スタッフの感覚が麻痺しているのでしょうか?

作業は散乱しているごみを撤去し、掃除を済ませ2時間で終了しました。

作業終了後、スタッフの手際良さに驚かれており、ごみが無くなったお部屋

を見て大変喜んでいただきました。「今日から気持ちよく生活できます」と

言われていました。