こんばんは。今日は岡山市内での作業でした。

2DKの賃貸住宅にお独りでお住まいだったお父様が他界され、

退去手続きをする為にお部屋の中を片付けたいとのご相談でした。

お客様は県外にお住まいなので、度々来られて片付ける事も難しく、

数ヶ月間、家賃を払い続けていたそうです。お父様が他界されてから

お部屋の中をゆっくり見る時間もなかったそうで、作業中は立ち合わ

れて一つ一つ確認されていました。

お客様は「時間が掛かってすいません。思い出のある物がこんなにあると

思ってなくて…」と時間を気にされていましたが、「遺品整理は思い出や心

の整理なので時間が掛かるのは当たり前です。きっと他界されたお父様も

喜ばれてると思いますよ。」とお話しさせて頂きました。

作業終了後、沢山の品々をご自宅に持って帰られるお姿が印象的でした。