今日の現場はごみ屋敷?と言うべきなのか?
それとも散らかっている家?なのか。
悩んだ結果は、やはりレベル2から3のごみ屋敷と判断しました。
4DKの一戸建ての住宅ですが、すべての部屋が散らかり放題!
しかし、台所以外にはごみ屋敷、ごみ部屋特有のペットボトル、
コンビニの弁当カス、飲み物の空き缶などはなく、衣類や段ボール箱などが
散乱して足の踏み場もない状態。
気合いを入れて作業に取り掛かります。
弊社資材の中の新品ダンボールを組立て、散乱している物から
分別・梱包していきます。同時に貴重品の捜索もやっていきます。
梱包が完了したものから、順次運搬してトラックへ。
さすが手慣れたもので、各部屋から次々に運び出されていきます。
床に散乱していたものが無くなったら、次は箪笥や本棚の中の物の梱包です。
そして箪笥などの大物を運び出して、掃除をしたら終了です。
綺麗になった部屋を見て、「こんなに奇麗にして頂いてありがとうございました」
「自分たちでしていたら、いつまで掛かった事やら・・」
満面の笑顔で言って頂きました。こちらこそ「ありがとうございました」